パートママのブログ

弘前市子供の祭典に行きました!

2016-11-05
11/3に弘前市の文化センターで行われた
子供の祭典というのに行って来ました!
 
これは、市内の中学生と高校生が
子どもの目線から子どもたちに楽しんで
もらえるようなプログラムを
企画・運営しているそうです。
ホールでの舞台発表や、各ブースで
いろいろな体験(バルーン制作、プラバン作り、
押し花のしおりづくりなど)をすることができる催しです。
去年、この祭典を知って、
今回が二回目!
なんとお昼のお弁当と飲みものもでるし、
学校からバスも出るんです。
 
子供達もとても楽しんでいました♪
付き添いの大人は疲れますが・・・
でもお得感たっぷり☺
私も押し花のしおり作り、はまりました
ご年配の方々がしおり制作を手伝ってくれます。
それが一番目の写真。
さすが年の功。
色使いとかがとっても上手でした。
 
次の写真はハロウィーンの飾りつけを
じーっと観察するうちの娘達・・・
風船を手早くしま模様に飾りつけする技術は
圧巻
母「もー行くよー」
娘達「・・・」
母 「
 
人の声が聞こえないくらい集中してるし。
その集中力、勉強に使ってほしい。
 
学校の宿題するときなんか1分しないうちに
鼻水かんだり、水飲んだり、はな○○ほじったりさぁ。
 
なんか静かだなぁと思えば、
教科書の人物写真に鼻毛書いてたり。
(それはおもしろくて吹出し、おこれませんでした
女の子なのに将来どうしよう・・・
 
三番目の写真は
お父さんの誕生日に折り紙で飾り付けした時の写真
「おたんじょうびおめでう」
 
ど?
どこから ど がでてきたんだろう・・・
おねえちゃんもう小3なのに
大丈夫かな・・
 
この前の個人面談の時にも
 
先生「すごくおもしろいお子さんですねぇ~」
 
母「はぁ・・・
 
先生「でも、この前なんかお友達を助けてくれてて
そんな正義感の強い面もありますよ」
 
母「えっ!そんな優しいところも・・」
 
先生「ええ。男の子に叩かれている女の子のことを
かばいに行って」
 
母「行って・・」
 
先生「男の子を叩き返して、女の子と二人で逃げました。」
 
母「逃げた・・・
 
先生「ええ。そりゃあ、もう逃げ足が速くて
   女の子もひっぱられてる感じで
  「何か鍛えてるんですか?」
 
母「特には・・・
 
 
いつも兄に怒られてるので
逃げ足だけは早いですよぉ~なんて言えない・・
 
足は速いけど、頭がなぁ・・・
 
もうちょいお勉強がんばれ、おねえちゃん!!
 
casa carina 
「かわいい家に住みたい」をカタチにしました。
  
 かわいく、賢い。やさしく、強い。
 
無垢材や漆喰、テラコッタをつかった自然素材の家。
ひと目惚れするインテリア性、
すぐれた機能性。
 
などなど
 
ここがちょっとな・・・という方も
自由に設計することもできますよ✿
 
くわしく知りたい!という方は
こちらからもご覧ください
 
ZEHビルダー登録店
弊社は6/17付でZEHビルダーとして
登録されました。
詳しくはこちら