社長の想い

地域に信頼され地域に求められる会社を目指して

 今の日本の住宅は平均寿命が25年と言われています。
 
デザインや見栄ばかりで
 
「家の健康」「結露の問題」を考えない結果
 
「アトピー」や「喘息」など子供達の健康を脅かしているのです。
 
そこで私共は「百年健康住宅とは?」と言う事に取り組み
 
勉強してまいりました。
 
木の家はまず息ができること、(換気すること)大事です。
 
そして家全体の「温度差」をなくし、
 
家全体の「換気」を必ず行い
 
家全体に「結露」発生させないことが大事なのです。
 
次に「省エネルギー性能」も大事です。
 
環境のことを考え、
 
どうしたら光熱費がかからない
 
低燃費の家を建築できるのかが大事です。
 
当事務所は総合的に判断し、
 
日本で最も断熱性能が優れている「FPの家」に
 
取り組んでおります。
 
私たちは弘前市の小さな会社です。
 
従業員も2名で営業しております。
 
スタッフは最小限で各分野のプロが協力してやっております。
 
そして自分たちでできることは自分たちでやります。
 
ホームページや新聞広告、OB施主様からのご紹介などで
 
お仕事させていただいております。
 
打ち合わせからお引渡しまで、
 
代表である私、長内が
 
マンツーマンで担当いたします。
 
これにより、お客様との意思の疎通がはかれ、
 
追加工事、変更工事に素早く対応でき
 
それに伴う工事費も少額で済みます。
 
着工後打ち合わせは出来るだけ現場で行います。
 
実物を見ながらの方がお互いに理解しやすいからです。
 
一生に一度の大きな買い物ですから、
 
じっくり時間をかけてほしいと思います。
 
私どもの考え方やこだわりに共感いただけるようでしたら、
 
あなたの住まいづくりに参加させていただけませんか。
 
ご連絡を心よりお待ち申し上げます。
 
株式会社 長内建築事務所
代表取締役 長内 進